男女による特徴的な鼻血


女性の場合生理前にホルモンのバランスが崩れ鼻の粘膜が弱くなり鼻血が出る人や、極稀に月経になると喀血する人がいます。また月経による出血がない場合の無月経や、ごく少量の出血で終わってしまう過少月経等の月経不順の際に、代償月経という月経による出血の代わりに鼻血が起こる事が稀にあります。 正確な因果関係などがわかっていないので、代償月経と月経の関連を否定する医師もいるようです。

女性は更年期も鼻血が多く、閉経すると女性ホルモンの一つである止血作用をもつエストロゲンが急激に少なくなり出血傾向を起こしたり、更年期障害によるのぼせで鼻血が出やすくなります。

また女性は妊娠するとお腹の赤ちゃんに酸素や血液を送る為に血圧が高めになり、血流量や血液量が増えます。そのため血液の成分バランスが崩れてたり、粘膜が充血し敏感になるため、鼻血や歯茎からの出血が起こりやすくなるといわれています。この症状は妊娠初期から中期にみられ、後期にはあまり見られなくなります。

女性は毎月の生理や出産がある為、失血になれており基礎生命力も男性より高めです。その為、男性の鼻血の方が女性より危険であると一般に言われています。

遺伝性血液凝固異常症である血友病は、X染色体の異常で起こりますが女性はX染色体を2本持っているのに対し男性は1本しかありません。1つでも正常なX染色体があれば発症しない為、女性より男性がなりやすく、この事も男性の鼻血が危険である事に由来しているかもしれません。


スポンサードリンク

ページのトップへ戻る