鼻血と花粉症


毎年花粉症のシーズンに咳やくしゃみ、目の痛みに加え、鼻血を出す人は多くいます。花粉症はアレルギー性鼻炎の一種なので、アレルギー性鼻炎で、鼻をよくかんだり、いじったりして頻繁に鼻を刺激する事で鼻の粘膜が傷ついて、毛細血管が破れて出血してしまうのと同じ理由で鼻血が出ます。また粘膜もアレルギー性鼻炎のために炎症を起こし、乾燥しやすい事により鼻血が出る原因になります。しかし、単に花粉が体内に入っただけでアレルギー反応を起こし鼻血が出るという事はありません。

また鼻が詰まるなどの花粉症の症状を抑えるために点鼻薬を使用する事で鼻血が出やすくなっています。

副腎皮質ホルモンのステロイド系の点鼻薬は稀に、鼻中隔手術後などに使用すると傷が治りにくいので鼻血が出やすいこともあるので注意が必要です。

花粉症の症状が原因による鼻血は、花粉症の症状を抑える事で対処するしかありません。強く鼻をかんだり、頻繁に鼻を触らないようにしてなるべく刺激しないようにしましょう。しかし、鼻血がいつまでも止まらない、大量に出血する場合は花粉症が原因ではない可能性があるので、早めに耳鼻科にかかって診察してもらう方がよいでしょう。


スポンサードリンク

ページのトップへ戻る