鼻血に効果的なツボ


鼻血が出た時に、止血に効果的なツボがあるといわれています。首筋にある 大椎、あ門、 天柱と、手にある合谷が鼻血を止めるツボと言われています。

大椎は首を前に倒して左右に振った時に動く首のつけ根の中心、骨とその下の骨の間にあるくぼみの頚椎の最下部に位置します。片手で背中を支え、もう一方の手の親指で強めに長く刺激します。使い捨てカイロやドライヤーを使って温めたりするのも効果が期待できると言われています鼻血を止めるだけでなく、首筋のこわばりも和らげると言われています。

あ門は首の裏、左右の天柱ツボの真ん中にあるくぼみに位置し後頭の中線上、後頭部生え際のクボミの下に骨の出っ張りがありますが、そのすぐ下のクボミにあります。指の腹を使って、頭の自重をかける要領で刺激します。鼻血、鼻水、鼻づまりに有効と言われています。

天柱は首の後ろにある筋肉の外側で、後頭部の髪の生際へ入る所を刺激します。親指の先をツボに当て、残りの指で頭を包むようにして頭部の自重を親指で支えるような体勢で強めに刺激します。頭痛、眼精疲労や肩こりに効果がありくびの血流を改善して、血圧を安定させると言われています。

合谷は手の甲側で、手の親指と人差し指の骨の付け根の間部分から少し外側の指先の方向に位置する手の甲側です。親指と人差し指ではさむようにして、親指の腹をツボに当てて強く、長めに刺激してマッサージします。合谷は頭痛、鼻血、鼻水、視力低下、歯熱痛、肩こり、喉の痛みなどに効果があるそうで、首から上痛みに効く特効ツボとして知られています。


スポンサードリンク

ページのトップへ戻る