鼻血の止血後のケア


鼻血が止まった後は、鼻に詰め物がある場合はすぐにとらないで、しばらくそのままにしておきます。また鼻の中に出来た血の固まりを無理に取らないようにしましょう。無理に取ったり、剥がしたりすると鼻の粘膜を傷つけることになります。直後に鼻を強くかんだり、また鼻をいじるなどして粘膜を刺激すると一度出血した個所は、出血しやすくなっているので再度鼻血が出やすくなっています。

鼻血が止まった後は、鼻に詰め物がある場合はすぐにとらないで、しばらくそのままにしておきます。また鼻の中に出来た血の固まりを無理に取らないようにしましょう。無理に取ったり、剥がしたりすると鼻の粘膜を傷つけることになります。直後に鼻を強くかんだり、また鼻をいじるなどして粘膜を刺激すると一度出血した個所は、出血しやすくなっているので再度鼻血が出やすくなっています。

傷対いた鼻の粘膜に軟膏等を塗っておくと、保護され再出血が起きにくくなります。再出血の起こりやすい人は、血液を溶かす物質の働きをおさえることで、止血作用を発揮するトランサミンという薬を処方してもらう方法もあります。他に炎症による腫れをやわらげたり、傷んだ組織をきれいにして治りをよくするニコラーゼ等があります。しかしなるべく薬には頼らず、普段の食生活を見直し、健康的な生活をする事で鼻血は防ぐ事が可能です。

もしも風疹後に鼻血なって場合は、念のために病院で血小板数を確認しましょう。風疹は 予防接種が受けられる疾患ですが、時間の経過に伴い免疫力が落ちて感染する可能性があります。感染しても発疹と発熱が数日続いて治りますが、風疹に対する免疫反応が働くと血小板の産生が一時的に落ちる可能性があり、この場合の鼻血は血小板減少に伴う可能性があります。


スポンサードリンク

ページのトップへ戻る