耳鼻科における治療法


医学的な面からみた鼻血は鼻出血といい、局所的要因、全身的要因で起こる、鼻からの出血症の事を指します。耳鼻科では、ガーゼによるタンポンや口の中からつめるタンポン、電気凝固や薬品止血など、出血の量、出血部位、出血原因によって処置が施されます。

重度の鼻中隔彎曲は手術治療が必要となり、鼻中隔の血管異常の場合には電気凝固治療という電気で出血の原因となった血管を焼いてしまう処置もあります。 鼻出血の原因には、他にも鼻のなかに腫瘍がある血管腫や場合、首から上の血圧に原因がある高血圧症の場合、血液に原因がある血液疾患による場合があり、耳鼻科だけでなく内科での診療が必要となる場合もあります。

治療はまず鼻腔内を観察し出血部位の確認を行ない、急性の鼻出血に対しては凝血塊がある場合は除去し、キーゼルバッハ部位からの出血であれば圧迫止血を行なった後、薬品による局所処置、電気凝固、レーザーによる焼灼、軟膏ガーゼによる鼻腔パッキングを行い止血します。以上の措置で止血できない場合は、一般生化学検査、血液凝固検査などを施行し、原因となる疾患がないか確認する為入院が必要になる事もあります。入院での治療は輸血を含む全身的管理の下、止血しない場合には手術的に出血動脈の結さつしたり、動脈の塞栓術を行なうこともあります。

また血が出やすい人のためにレーザー治療があります。治療に使用されるレーザー光は炭酸ガスレーザー、ヤグレーザーなど数種類ありレーザーを患部に照射して鼻粘膜が凝固し鼻血を出にくくさせる方法で、鼻詰まりが起きやすい人にも効果があると言われています。


スポンサードリンク

ページのトップへ戻る