大人の鼻血


大人の鼻血の原因もまた子供と同様に、キーゼルバッハ部位の粘膜にある毛細血管が外部からの刺激によって傷つけられ出血する事が大半ですが、大人は子供と違い体力や抵抗力も高いので子供ほど頻繁に出ることがなく重大な病気が隠れている場合があるので子供の鼻血よりも注意が必要です。また子供は夏に鼻血が出やすいですが、大人は冬に冷気や空気の乾燥が刺激となり鼻血が出やすいとされ、お酒を飲んで血圧が上昇し鼻血が出やすくなる事もあるそうです。

大人の場合明らかに鼻を強く打つ以外には、鼻中隔彎曲や高血圧が原因で鼻血が出る事が多いとされています。特に中高年の鼻血は生活習慣病と言われる高血圧や動脈硬化が原因の可能性が極めて高く、また高血圧は自覚症状が乏しいので、中高年の鼻血は特に注意が必要です。

糖尿病もまた大人の鼻血の原因で、糖尿病の人の血中の糖分濃度が濃く粘性が高い為に、毛細血管が詰まったり血管壁に負担がかかって目や鼻で出血が起きやすくなります。

ごく稀なケースですが、癌による鼻血もあります。当サイトで説明している上顎洞癌の他にも食道静脈瘤によって鼻血が出る事があります。食道静脈瘤は肝硬変により食道の粘膜下層の静脈が太くなって起こります。肝硬変の合併症による主要な死亡原因の恐ろしい病気で、吐血や下血の他に鼻血が出る事があります。

大人は毛細血管や静脈からの出血が多い子どもと違い、動脈から出血する場合が多く、動脈から出血すると出血量が多く命に危険がある場合もあります。心当たりのない鼻血や、他の症状が同時にみられる場合は病気による出血の可能性を疑いましょう。


スポンサードリンク

ページのトップへ戻る