間違った対処法


鼻血が出た時によく、頭をのけぞらせて上を向いたり、仰向けに寝転んだり、首の後ろをトントンと叩いて止める方法を耳にしますが、これは間違った対処法です。

まず頭をのけぞらせて上を向いたり、仰向けに寝転んだりすると鼻血が逆流して喉に流れ落ちてしまいます。血液をたくさん飲み込むと気分が悪くなったり吐き気がしますし、胃の中で血が固まったり、最悪の場合喉で血が固まり呼吸困難になる可能性もあります。

鼻血が出たら下を向かせて鼻血を外に出させましょう。また下を向いていても鼻血が口に溜まる事がありますが、飲み込まず洗面器等を用意して吐き出しましょう。

寝かせる場合は、必ず頭を高くし横向きにさせて、食道に鼻血が流れないようにすることが必要です。

首の後ろをトントンと叩いて止めるというやり方は単なる俗説で、実際には何の効果もありません。首の後ろの血管と鼻の血管は無関係であり、逆に強く叩くと首を痛める原因になります。鼻血を止める効果のあるツボが首にあると言われている事が由来かもしれません。

またティッシュや綿花をやたら鼻に詰め込むと繊維が固いために逆に粘膜を傷つけて止まらなくなったり、血が固まってから無理にティッシュや綿花を抜く事で固まった血が無理やり剥がれて粘膜を傷つける恐れがあります。鼻血が出たら、鼻の穴に詰め物をするよりも鼻の外を強く圧迫する方が効果的です。鼻血の量が多く、垂れてしまう場合はティッシュで押さえる程度にし、洗面器等を顔の前に置くようにしましょう。


スポンサードリンク

ページのトップへ戻る