鼻血のハナシのご説明

このサイトは誰でも経験がある、または経験する可能性が多いにある鼻血についての情報をまとめたものです。

日常的に経験しやすく、いまさら知る事はないと思われる方もいるでしょうが、それは本当に正しい知識でしょうか。鼻血が出たら上を向くように言われたり、首をトントン叩くなどの間違った知識が広まっているのが現実です。ではどうするのが正しい対処法なのでしょうか。

鼻血はどこから出ているのでしょうか。鼻血は病気と怪我、どちらなのでしょうか。答えは、鼻血は多くの場合キーゼルバッハ部位という左右の鼻の境目の壁の前の方の粘膜が傷つく事によって起こります。しかし、粘膜が傷つくこと以外にも重大な病気の予兆としても鼻血は起こるのです。鼻血は怪我による場合も、病気による場合でも起こるのです。またストレスや疲労が溜まり、体が無理をしている時のサインとしても鼻血がでます。一見子供に多く見られる鼻血ですが、大人になって鼻血を出すと危険であると言われるのにはちゃんと理由があります。小学生の鼻血と、おじいちゃんの鼻血は同じ対処法でいいのでしょうか。大したことがなさそうな鼻血も、朝起きると鼻血で枕が真っ赤になっていたり、触っていないのに鼻血が出たり意外と生活に支障をきたす事があります。

どんな状況で、どんな時に注意したらいいのか、取り返しのつかなくなる前に当サイトで一緒に学び、正しい知識を身につけ予防し、対処していきましょう。 鼻血の詳しいメカニズムを知る事で、止血方法だけでなく体の仕組みも理解できます。

鼻また血には多くの迷信や都市伝説化したものがあり、意外と知られていない鼻血の予防になる食事や栄養素があります。これらを知っておくと鼻血の出やすい人は鼻血の予防になるだけでなく、鼻血の出にくい人も他の重大な病気を回避したり、健康的な生活を送る手助けになります。この機会に改めて鼻血について学んでみると、おもしろい発見があるかもしれません。


スポンサードリンク

ページのトップへ戻る